• 会社住所:城南镇创業通りと105国道クロス口(向こうの万景運転学校)
  • 携帯:+86-0564-5138888
  • メールアドレス:hr@saintai.com

射出成形について、工業冷水機はいつもいることが何ですが?

発表日:2018-01-30 閲覧回数:192

近年、わが国のWTO加入につれて、生産製造業が黄金時代に入ったと同時に、激しい市場競争は製品品質に対する要求も高まっている。実は、製品を高める過程で、メーカーはいつも小さいのに重要な要素を無視した。生産過程の中で、機械、金型及び工業反応で熱量を生成し、温度が原料の耐える程度に超えると品質は不安定になった。プラスチック製品やメッキ生産を例にして、プラスチック製品の冷却時間は全サイクルの80%以上を占め、ここで冷却時間減少の重要性がわかる。冷凍水は熱量を適時に吸収し、金型の温度を急速に下げることができ、製品の定型を加速し、開面を短くする。



電気めっきの生産では、冷凍水は電気めっきの溶液の温度を下げて、温度を一定の範囲内に固定し、金属分子を安定電流に従って高速めっきの表面に付いて、製品の滑らかさと密度を増加させる。工業冷水機(温度範囲:+20℃-25℃に調整可能)は多種の工業生産に広く使用されて――1、化学(学)工業2、プラスチック製品、プラスチック容器、制膜、鋼材、パイプ、ケーブルカバー、タイヤ業界3、めっき及び機械切削液冷却行業4、製薬業界5、電子業界6、金属工業7、食品と飲料業界8、製靴業界9、実験室10、医療設備11、光学機器など。

水冷式冷水機 

一、化学業界:主に化学反応釜(化学熱交換器)の温度冷却に用い、化学反応によって発生した巨大な熱量を速やかに解消し温度を下げることに目指し、製品の品質を高めるために使用する。

二、プラスチック製品、プラスチック容器、食品包装フィルム、医療用包装フィルム等の製造業 

プラスチック制品(テレビ、コンピュータ、洗濯機、携帯電話、冷蔵庫、エアコン、プラスチックのおもちゃ、自動車のプラスチック部品など)の射出成形プロセス中、直ちに効果的に冷却する(温度を下げる)ことができるかどうかは製品の外観と外形の合格率に直接に影響し、それで生産効率、生産コストと企業の利潤に影響する。

プラスチック容器(吹瓶)や包装膜の生産は、さらに冷水機が必要だ。プラスチックの容器は生産の過程で直ちに定型化することができないと、生産した容器は豊満でなく、壁も厚くなく、色は明るくなく、成形するさえできなくなった。製品の品質が比較的に低いことをもたらします。包装膜の生産には冷水(風)の冷却成形がないと、合格した製品を生産できない。冷水機(氷水機)が提供された水や風を使って冷却すると、製品の品質を大きく高めるだけでなく、生産効率も向上する。

三、メッキ液、液圧油及び機械切削工具の冷却液の冷却

めっき生産中、めっき液はめっき反応では絶えずに熱量を発生したため、めっき液の温度が高くなって、その温度はプロセスの要求に超える時、生産されためっき製品の表面の堅牢度、均一度、平坦度や表面平滑度が大きな影響を及ぼす。また、冷水機(氷水機)で提供された氷が電子部品の生産過程において、コンポーネントを特定の温度で維持したり冷却することで、電子部品の性能パラメータは設計の状態を制御できる。水で冷却して電気めっきの溶液の温度を維持して、電気めっきの生産技術と生産効率に大きく向上する。

四、製薬業界:製薬業界は主に生産現場の温度、湿度の管理及び生産原料薬の過程の中で反応熱の持ち出しに用い

五、電子業界:電子部品の生産過程の中、特定温度のもとで保持またはや冷却する場合、電子部品の性能パラメーターは設計の状態を制御できる。